岡本花亭(読み)おかもと かてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本花亭 おかもと-かてい

1767-1850 江戸時代後期の武士。
明和4年10月3日生まれ。幕臣。勘定奉行の下役だったが,文政元年水野忠成(ただあきら)にうとまれ小普請入り。天保(てんぽう)8年水野忠邦に信濃(しなの)(長野県)中野代官にとりたてられ,のち勘定吟味役,勘定奉行。漢詩人としても知られた。嘉永(かえい)3年9月23日死去。84歳。名は成。字(あざな)は子省。通称は忠次郎。別号に豊洲,醒翁,詩痴。著作に「花亭詩集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

岡本花亭 (おかもとかてい)

生年月日:1767年10月3日
江戸時代中期;後期の幕臣;漢詩人;勘定奉行
1850年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android