コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本花亭 おかもと かてい

2件 の用語解説(岡本花亭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岡本花亭

江戸後期の幕政家。名は成、字は子省、別号に豊洲・醒翁・詩痴等、通称を忠次郎。水野忠邦に抜擢され信州中野郡代となり、勘定奉行、近江守に任じられる。詩・書を能くした。嘉永3年(1850)歿、83才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本花亭 おかもと-かてい

1767-1850 江戸時代後期の武士。
明和4年10月3日生まれ。幕臣。勘定奉行の下役だったが,文政元年水野忠成(ただあきら)にうとまれ小普請入り。天保(てんぽう)8年水野忠邦に信濃(しなの)(長野県)中野代官にとりたてられ,のち勘定吟味役,勘定奉行。漢詩人としても知られた。嘉永(かえい)3年9月23日死去。84歳。名は成。字(あざな)は子省。通称は忠次郎。別号に豊洲,醒翁,詩痴。著作に「花亭詩集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岡本花亭の関連キーワード新井静斎伊藤板渓片山辰世是一(6代)佐藤秀周高田亘野田道意頼采真柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone