コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊洲 とよす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊洲
とよす

東京都江東区南部,隅田川河口左岸の埋立て地。大正の末期より埋立てが始り,1950年造成を完了。北側の地区には石川島播磨重工業が立地して造船が行われ,第2次世界大戦後に石炭荷揚げ場ができ,これに接して東京ガス,東京電力新東京火力発電所が進出。対岸の晴海埠頭に対して豊洲埠頭があり,南部の有明との間には貯木場がおかれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ほうしゅう【豊洲】

三重の日本酒蔵元の「倉田酒造」は文政3年(1820)創業、平成22年(2010)廃業。蔵は津市河芸町にあった。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

豊洲の関連キーワードエヌ・ティ・ティ・データ・カスタマサービスセブン‐イレブン・ジャパン[株]IHIステージアラウンド東京フジ・ロック・フェスティバル江東区のコミュニティサイクルミライト・ホールディングスがすてなーに ガスの科学館富本 豊前太夫(4代目)東京臨海新交通臨海線オートバックスセブン富本豊前太夫(4代)市場移転と土壌汚染ヤマトシステム開発IHIプラント建設南極観測船「宗谷」ウェイクボードネットマークスマジックビーチキッザニア東京ユニアデックス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊洲の関連情報