コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡村権左衛門 おかむら ごんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡村権左衛門 おかむら-ごんざえもん

1755-1792 江戸時代後期の農民。
宝暦5年生まれ。越後(えちご)(新潟県)三島郡浦村の組頭幕府領から長岡藩領への編入による増税に対し,寛政3年近郷9ヵ村を代表して代官所に訴状を提出。首謀者として強訴(ごうそ)の罪により寛政4年8月25日処刑された。38歳。名は忠基。号は金水。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岡村権左衛門

没年:寛政4.8.25(1792.9.22)
生年:宝暦5(1755)
江戸後期の義民。長岡藩領,越後国三島郡浦村(新潟県越路町)の組頭。寛政1(1789)年浦村など川西組9カ村は,幕領から長岡藩領へと所替を言い渡されたが,年貢率などが不利になるとして,3年長岡藩へ減免を願い出た。長岡藩の一定の譲歩により事は収まったが,権左衛門は頭取と目され処刑された。その後,越後の木内宗吾として伝承された。<参考文献>『長岡の歴史』2巻,『編年 百姓一揆史料集成』6巻

(大橋幸泰)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

岡村権左衛門の関連キーワードリスボンロベスピエール忠海鶴屋南北ワルシャワ大学アディソン・ウェスリー・ロングマン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)カント(Immanuel Kant)七年戦争政治経済論

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android