コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡村権左衛門 おかむら ごんざえもん

2件 の用語解説(岡村権左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡村権左衛門 おかむら-ごんざえもん

1755-1792 江戸時代後期の農民。
宝暦5年生まれ。越後(えちご)(新潟県)三島郡浦村の組頭。幕府領から長岡藩領への編入による増税に対し,寛政3年近郷9ヵ村を代表して代官所に訴状を提出。首謀者として強訴(ごうそ)の罪により寛政4年8月25日処刑された。38歳。名は忠基。号は金水。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡村権左衛門

没年:寛政4.8.25(1792.9.22)
生年:宝暦5(1755)
江戸後期の義民。長岡藩領,越後国三島郡浦村(新潟県越路町)の組頭。寛政1(1789)年浦村など川西組9カ村は,幕領から長岡藩領へと所替を言い渡されたが,年貢率などが不利になるとして,3年長岡藩へ減免を願い出た。長岡藩の一定の譲歩により事は収まったが,権左衛門は頭取と目され処刑された。その後,越後の木内宗吾として伝承された。<参考文献>『長岡の歴史』2巻,『編年 百姓一揆史料集成』6巻

(大橋幸泰)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡村権左衛門の関連キーワード奥村貞心尼義民小林虎三郎ゆり三島の玉川照山修理槙吉之丞牧野康成(2)丸山元純三島億二郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone