コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田資 おかだ たすく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田資 おかだ-たすく

1890-1949 大正-昭和時代前期の軍人。
明治23年4月14日生まれ。戦車第二師団長などをへて,昭和20年第十三方面軍司令官兼東海軍管区司令官となる。名古屋空襲の際,撃墜したB29の搭乗員27人を軍律会議にかけず略式手続処刑。終戦後その罪をとわれ,全責任を認めたうえで部下のため法廷闘争を展開した。昭和24年9月17日刑死。60歳。陸軍中将。鳥取県出身。陸軍大学校卒。遺稿集に「毒箭」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岡田資の関連キーワードフレッド マックィーン藤田 まこと軍人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android