巣鴨(読み)すがも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巣鴨
すがも

東京都豊島区東部,JR巣鴨駅を中心とした地区。とげぬき地蔵で有名な高岩寺があり,縁日にはにぎわう。第2次世界大戦の戦争犯罪人を収容した巣鴨プリズン (東京拘置所) は西巣鴨町 (現東池袋) にあった。都営地下鉄三田線によって都心部に直結している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

すがも【巣鴨】

東京都豊島区、山手線巣鴨駅周辺の地名。住宅・商業地。とげぬき地蔵をまつる高岩寺がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巣鴨
すがも

東京都豊島区(としまく)東部の地区。南にJR山手(やまのて)線巣鴨駅があり、それに直交して都営地下鉄三田(みた)線が通る。菅面、洲鴨、須賀茂とも書いたことから、山手台地内の侵食谷に関連した地名と考えられる。江戸時代は中山道(なかせんどう)(現、白山通り(はくさんどおり)・国道17号)沿いの花卉(かき)栽培の村として知られ、巣鴨駅北西方の真性寺(しんしょうじ)には中山道の交通安全を願う江戸六地蔵の一つが建てられた。さらに、その北方の高岩寺(こうがんじ)は1891年(明治24)下谷(したや)から移されたが、本尊はとげぬき地蔵として江戸時代から有名である。西巣鴨3丁目には庚申塚(こうしんづか)が残り、近くに大正大学がある。なお同4丁目から巣鴨5丁目には明治20年代以降に東京市内から移転した寺院が多く、振袖(ふりそで)火事(明暦(めいれき)の大火)の火元の本妙寺(ほんみょうじ)も本郷区(現、文京区)から現在の巣鴨5丁目に移っている。なお、巣鴨プリズン(東京拘置所)のあった一帯は、新住居表示により東池袋となっている。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

すがも【巣鴨】

東京都豊島区東部の地名。中山道に沿い、江戸時代は菊の栽培・形造りで知られた。現在はJR山手線・地下鉄三田線に沿う住宅地。高岩寺(とげぬき地蔵)があり、縁日(四の日)は参拝者でにぎわう。洲鴨。須賀茂。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巣鴨の関連情報