岡田野水(読み)おかだ やすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田野水 おかだ-やすい

1658-1743 江戸時代前期-中期の俳人。
万治(まんじ)元年生まれ。尾張(おわり)名古屋で呉服商をいとなみ,貞門派の吉田横船らにまなぶ。貞享(じょうきょう)元年「野ざらし紀行」の旅の途中の松尾芭蕉を自宅にむかえ,「冬の日」の歌仙興行にくわわった。茶道にも通じた。寛保(かんぽう)3年2月22日死去。86歳。字(あざな)は幸(行)胤。通称は佐次右衛門。別号に宜斎,転幽。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おかだやすい【岡田野水】

1658~1743) 江戸前・中期の俳人。本名、幸胤・行胤。名古屋の呉服商・町代。一時芭蕉に傾倒したが、のち茶道に専心。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる