コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野水 やすい

4件 の用語解説(野水の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野水 やすい

岡田野水(おかだ-やすい)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やすい【野水】

1658‐1743(万治1‐寛保3)
江戸前期の俳人。本名は岡田幸胤(または行胤とも)。通称は佐次右衛門。別号は宜斎(茶道名),転幽(隠居名)。名古屋の生れ。家は代々目見(めみえ)町人の待遇を受ける旧家であった。呉服商を営み,俳諧ははじめ貞門派の横船,流水らに学んだ。1684年(貞享1)冬,《野ざらし紀行》の旅の途中の芭蕉を迎え,荷兮(かけい),杜国らとともに成した《冬の日》が高く評価され,芭蕉門下の有力俳人となった。その後,《春の日》(1686),《曠野(あらの)》(1689),《猿蓑(さるみの)》(1691)など,蕉門の代表的な選集に句が入集し,俳人としての地位を確かなものにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のみず【野水】

野を流れる川。野中の水。

やすい【野水】

岡田おかだ野水

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野水の関連キーワード岡田野水武者小路公野狩野令信智周土手節万治石河政郷中川久慶林門利堀尾調和

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野水の関連情報