岡精一(読み)おか せいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡精一 おか-せいいち

1868-1944 明治-昭和時代前期の洋画家。
慶応4年5月29日生まれ。浅井忠師事彰技堂,不同舎で油絵をまなんだ。明治22年明治美術会創立会員となる。23年内国勧業博覧会で褒状。33年渡米,のち41年までパリでまなぶ。太平洋画会に所属し,同研究所で指導にあたった。昭和19年死去。77歳。大坂出身。作品に「捜索」「山内一豊妻図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android