岡精一(読み)おか せいいち

  • 岡精一 おか-せいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1868-1944 明治-昭和時代前期の洋画家。
慶応4年5月29日生まれ。浅井忠師事彰技堂,不同油絵をまなんだ。明治22年明治美術会創立会員となる。23年内国勧業博覧会で褒状。33年渡米,のち41年までパリでまなぶ。太平洋画会に所属し,同研究所で指導にあたった。昭和19年死去。77歳。大坂出身。作品に「捜索」「山内一豊妻図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android