岡野四郎(読み)おかの しろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡野四郎 おかの-しろう

1846-1878 幕末-明治時代の武士,官吏。
弘化(こうか)3年生まれ。岡野政繹(せいえき)の4男。加賀金沢藩士。禁門の変で,父とともに長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩と幕府との周旋にかかわるが失敗におわり,帰藩して禁固に処せられる。慶応4年大赦。明治4年金沢県大属(だいさかん)となり,のち司法省につとめた。明治11年6月28日死去。33歳。名は政以。通称ははじめ外亀四郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android