コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡野新助 おかの しんすけ

2件 の用語解説(岡野新助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡野新助 おかの-しんすけ

幕末の架空の人物。
文久2年(1862)におきた生麦(なまむぎ)事件の際,薩摩(さつま)鹿児島藩真犯人奈良原喜左衛門と海江田(かえだ)信義のかわりに幕府にとどけでた名。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡野新助

幕末の薩摩藩足軽,架空の人物。文久2(1862)年8月21日,江戸での公武合体運動を終え京に向かう島津久光の行列が,神奈川に近い生麦で英国商人を襲いそのひとりを殺害した。生麦事件である。幕府は犯人の差し出しを命じた。薩摩藩は,犯人は足軽岡野新助,事件後は行方不明と報告。なお実際の犯人は薩摩藩士奈良原喜左衛門ならびに海江田信義

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡野新助の関連キーワード伊地知正治児玉源之丞薩摩烏有先生架空足軽まんじゅう獅子の時代琉球の風薩摩義士柴山良助

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone