岩が根/石が根(読み)イワガネ

デジタル大辞泉の解説

いわ‐が‐ね〔いは‐〕【岩が根/石が根】

イラクサ科の落葉低木。暖地に自生し、高さ約2メートル。枝は斜めに伸び、暗紫色。葉は長楕円形で先がとがり、縁にぎざぎざがある。雌雄異株。小花が球状に群がってつく。胡椒木(こしょうぼく)。やぶまお。かわしろ。
《「ね」は大地に固定しているもの、の意》大岩。岩根。
「―のこごしき山に入りそめて山なつかしみ出でかてぬかも」〈・一三三二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いわがね【岩が根】

イラクサ科の落葉小低木。高さ1~2メートル。
土中に根をおろしたような大きな岩石。いわね。 「 -の荒き島根に宿りする君/万葉集 3688

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android