洞窟画(読み)どうくつが(英語表記)cave painting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洞窟画
どうくつが
cave painting

原始人,未開人が洞窟内部に描いた絵 (→岩壁画 ) 。特にフランス南西部とスペインのカンタブリカ地方にある旧石器時代の洞窟には人類最古の絵とされるすぐれた壁画が多数みられる。その制作年代は旧石器時代後期のオーリニャック期 (前3万~2万 5000頃) からマドレーヌ期 (前2万~1万頃) にわたる。オーリニャック期の壁画は初期のマカロニ式をはじめデッサン風の線刻画が多く,その表現は単純かつ象徴的であるのに対し,マドレーヌ期のそれは赤,褐色,黄,黒など多彩な色を用い,動きのある瞬間がきわめて写実的に描かれている。これらの絵はいずれも洞窟の奥部にあり,その主題はトナカイ,ヤギ,野牛,馬,マンモスなどの動物が大部分を占める。これらのすぐれた洞窟画のある遺構としてはオーリニャック期ではクーニャック,ペシュ・メルル,マドレーヌ期ではニオー,ラスコー,フォン・ドゥ・ゴーム,アルタミラなどが最も著名である。以上のほか中石器時代末期から新石器時代にかけて,東スペインのレバント地方,スカンジナビア半島,北アフリカや南アメリカのものなどがあり,これらの洞窟画では仮面をかぶった人物,狩猟,漁労,舞踊,戦闘などの場面を表現したものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洞窟画の関連情報