コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩山道堅 いわやま どうけん

美術人名辞典の解説

岩山道堅

戦国時代の武士・歌人。近江生。別名尚宗。将軍義尚の命を受け、和歌の打聞を編纂した。飛鳥井雅親に学び、また、三条西実隆との交友も深かった。著書に『道堅法師詠草』がある。享禄5年(1532)寂、享年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩山道堅 いわやま-どうけん

?-1532 戦国時代の武士,歌人。
奉公衆として足利義尚(よしひさ)につかえ,文明15年(1483)の和歌打聞(うちぎき)(私撰和歌集)に参加した。義尚死去後出家し,明応4年から三条西実隆のもとで歌道にはげんだ。享禄(きょうろく)5年6月2日死去。名は尚宗。歌集に「道堅法師集」「道堅法師自歌合」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岩山道堅の関連キーワード富小路資直戦国時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android