岩戸調子(読み)いわとぢょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩戸調子
いわとぢょうし

箏の調弦法の一種。流派や譜本により調弦に差異があるが,一般に雲井調子の五,十の弦を半音下げ,六,斗の弦を1音上げたものを基本とするものをいい,場合によって一の弦を1音下げたり,巾弦を1音半上げることもある。二重雲井調子ともいう。山田流では半岩戸調子 (雲井調子の六,斗の弦を1音上げる) ,片岩戸調子 (雲井調子の五の弦を半音下げ,六の弦を1音上げる) といった中間的なものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android