岩戸調子(読み)いわとぢょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩戸調子
いわとぢょうし

箏の調弦法の一種。流派や譜本により調に差異があるが,一般に雲井調子の五,十の弦を半音下げ,六,斗の弦を1音上げたものを基本とするものをいい,場合によって一の弦を1音下げたり,巾弦を1音半上げることもある。二重雲井調子ともいう。山田流では半岩戸調子 (雲井調子の六,斗の弦を1音上げる) ,片岩戸調子 (雲井調子の五の弦を半音下げ,六の弦を1音上げる) といった中間的なものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いわと‐ぢょうし いはとデウシ【岩戸調子】

〘名〙 十三弦の箏の調子の一つ。雲井調子の五と十との弦を半音(一律)低く、六と斗との弦を一音(二律)高く、一の弦を一音低くしたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android