コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩本栄之助 いわもと えいのすけ

2件 の用語解説(岩本栄之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩本栄之助 いわもと-えいのすけ

1877-1916 明治-大正時代の株式仲買人。
明治10年4月2日生まれ。39年大阪株式取引所仲買人となる。40年200万円の利益をえたが,第一次大戦がはじまってからは相場に失敗。大正5年10月22日ピストル自殺をはかり,27日死去。40歳。生前100万円を大阪市に寄付,7年中之島公会堂がたてられた。大阪出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岩本栄之助

没年:大正5.10.27(1916)
生年:明治10(1877)
明治大正期の株式仲買人。大阪株式取引所創業以来の仲買人であった岩本栄蔵の次男。明治39(1906)年父栄蔵のあとを継いで大阪株式取引所仲買人となり,45年仲買人組合の委員長に選ばれた。栄之助が義侠心に富んだ正義派の株式仲買人として名を高め,財をなし,また財も生命も失ったのは,弱気筋売方の懇請を容れた3度にわたる果断な売出動であった。最初の40年1月の株式相場高騰と大暴落により200万円の利益を得たが,3度目の大正5(1916)年第1次世界大戦時には,どこまでも騰勢衰えず,ついに行き詰まり,10月22日拳銃で自殺をはかり,5日後に絶命した。明治42年秋,渋沢栄一を団長とする渡米実業団に加わり,大阪財界代表のひとりとして渡米し,特に米国における公共事業出捐の実情に注目した。これを直接の契機として,大阪市に100万円を寄付し,中央公会堂建設が実現した。しかしその落成は栄之助の自殺から2年後の大正7年であった。<参考文献>宮本又次『郷土史にかがやく人びと』2巻

(森泰博)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩本栄之助の関連キーワード北浜株式仲買人株式取引所東京株式取引所ロンドン証券取引所(London Stock Exchange)梅原亀七後藤新十郎島徳蔵高倉藤平深田米次郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩本栄之助の関連情報