岩波午心(読み)いわなみ ごしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩波午心 いわなみ-ごしん

?-1817 江戸時代中期-後期の俳人。
相模(さがみ)(神奈川県)小田原の人。大島蓼太(りょうた)にまなび,その死後大島完来に師事。のち江戸にすむ。弟子鴨北元(かも-ほくげん)に葎雪庵(りっせつあん)の号をゆずった。遺句集に「玉田集」。文化14年1月21日死去。別号に山花。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android