コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩滓質 がんさいしつscoriaceous

1件 の用語解説(岩滓質の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

岩滓質

粗粒の多孔質岩の組織の一種で,一般に安山岩質または玄武岩質の組成を持ち,多孔質の壁は滑らかか凹凸のどちらかである[Bowes : 1989].熔岩あるいは火山砕屑物の溶鉱炉などのクリンカーに似た構造である.一般に塩基性の組成でガスや水蒸気の膨張により多量の気泡ができている.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone