コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩滓質 がんさいしつscoriaceous

岩石学辞典の解説

岩滓質

粗粒の多孔質岩の組織の一種で,一般に安山岩質または玄武岩質の組成を持ち,多孔質の壁は滑らかか凹凸のどちらかである[Bowes : 1989].熔岩あるいは火山砕屑物溶鉱炉などのクリンカーに似た構造である.一般に塩基性の組成でガスや水蒸気の膨張により多量の気泡ができている.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

岩滓質の関連キーワード岩滓丘浮石岩滓粗粒

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android