コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸上弘 きしがみ ひろし

1件 の用語解説(岸上弘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸上弘 きしがみ-ひろし

1837-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)8年7月生まれ。下野(しもつけ)宇都宮藩士。江戸で大橋訥庵(とつあん)に師事。文久3年脱藩し,長門(ながと)で久坂玄瑞(くさか-げんずい),高杉晋作(しんさく)らと尊攘(そんじょう)運動をすすめる。真木和泉(いずみ)の軍にくわわり,禁門の変に敗れ,元治(げんじ)元年7月21日,山城天王山(てんのうざん)で同志16人とともに自害した。28歳。名は安臣。号は志毅堂。変名は野田四郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岸上弘の関連キーワード元治入江九一扇格左衛門マン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗生田万の乱

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone