コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋訥庵 おおはし とつあん

8件 の用語解説(大橋訥庵の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大橋訥庵

江戸後期の儒者。江戸生。名は正順、字は周道、通称は順蔵、別号に屠斎居士等。佐藤一斎の門に儒学を学び、日本橋に思誠塾を開き子弟を教育した。仕官せず野にあって尊皇攘夷を唱え、菊池澹如と共に公武合体に奔走した。文久2年(1862)歿、47才。贈従四位。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおはし‐とつあん〔おほはし‐〕【大橋訥庵】

[1816~1862]江戸末期の儒学者。江戸の人。日本橋の豪商大橋家の養子。佐藤一斎に学び、朱子学を唱えて、攘夷(じょうい)を主張した。老中安藤信正襲撃を計画して投獄され、獄死。著「闢邪小言(へきじゃしょうげん)」「元寇紀略(げんこうきりゃく)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大橋訥庵【おおはしとつあん】

幕末の朱子学者。尊王攘夷思想家。名は正順(まさより),字は周道(しゅうどう)。江戸の人。日本橋の豪商大橋淡雅の養子となる。佐藤一斎に学び,朱子学を強調し,洋学を排撃,和宮降家問題では反対運動に加わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋訥庵 おおはし-とつあん

1816-1862 幕末の儒者。
文化13年生まれ。佐藤一斎にまなび,江戸の豪商大橋淡雅の養子となる。思誠塾をひらき,のち下野(しもつけ)宇都宮藩主の侍講をつとめた。尊攘(そんじょう)論を主張し,老中安藤信正襲撃をくわだてた罪で投獄され,出獄直後の文久2年7月12日病死。47歳。江戸出身。本姓は清水。名は正順。字(あざな)は周道。通称は順蔵。別号に曲洲,承天。著作に「闢邪(へきじゃ)小言」「元寇(げんこう)記略」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大橋訥庵

没年:文久2.7.12(1862.8.7)
生年:文化13(1816)
幕末の尊攘派志士,儒者。長沼流兵学者清水赤城の4男。名は正順,字は周道,通称順蔵,訥庵は号。佐藤一斎門下。江戸の豪商大橋淡雅の養子となり,その援助で宇都宮藩に仕えるとともに,日本橋に思誠塾を開き子弟の育成に努めた。のちに陽明学を排して朱子学を奉じ,過激な攘夷論を主張し,ペリー来航時には幕府に上書して攘夷の実行を迫った。また安政の大獄の際には,刑死した頼三樹三郎の死体が晒されているのを悲しみ,密かに葬っている。桜田門外の変後は和宮降嫁,公武合体に反対し,王政復古策を密奏するとともに日光輪王寺宮擁立運動に加わる。これが未発に終わると関東の尊攘激派による老中安藤信正襲撃計画に合流,その斬奸趣意書を起草したといわれている。その一方で一橋慶喜を擁立した挙兵計画にかかわり,信正襲撃3日前の文久2(1862)年1月12日,捕らえられた。挙兵を計画すれば実行に加わる有志が次々に現れるであろうとの楽観論を持ち,その状況認識には甘さがみられる。獄中で病気になり,7月7日,許されて出獄し宇都宮藩に預けられたが,同12日に死去した。<参考文献>『大橋訥庵先生全集』全3巻

(高木俊輔)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおはしとつあん【大橋訥庵】

1816~1862) 幕末の儒学者。江戸の人。名は正順、通称は順蔵。佐藤一斎に学び、宇都宮藩に仕える。攘夷論を説き、安藤信正暗殺を企てて捕らえられ、幽囚中に没。著「闢邪小言」「隣疝臆議」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大橋訥庵
おおはしとつあん

[生]文化13(1816).江戸
[没]文久2(1862).7.12. 江戸
江戸時代後期の儒学者,尊王攘夷論者。佐藤一斎に学び,江戸の豪商佐野屋大橋淡雅の養子となる。『闢邪小言』を著わして洋学を排斥,また攘夷を主張,水戸,宇都宮藩士らと交わり,老中安藤信正襲撃計画に参画したが,事前に捕えられ病没。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大橋訥庵
おおはしとつあん
(1816―1862)

江戸末期の儒学者。熱烈な尊攘(そんじょう)思想家。名は正順(まさより)、字(あざな)は周道、通称順蔵。兵学者清水赤城(しみずせきじょう)(1766―1848)の四男として文化(ぶんか)13年江戸に生まれ、日本橋の豪商大橋淡雅(たんが)(1789―1853)の婿養子となる。佐藤一斎に儒学を学び、思誠塾を開いて子弟を教授、詩文に優れた。1857年(安政4)『闢邪小言(へきじゃしょうげん)』を著して尊王攘夷論を鼓吹した。安政(あんせい)の大獄に刑死した頼三樹三郎(らいみきさぶろう)の遺体を収めて小塚原(こづかっぱら)回向院(えこういん)に埋葬。公武合体論による皇女和宮(かずのみや)の降嫁反対運動にも参加した。坂下門外の変に際し、計画の中心人物と目されて、老中安藤信正(あんどうのぶまさ)襲撃に先だって捕らえられたが、病のため出獄、宇都宮藩に預けられたが文久(ぶんきゅう)2年7月12日没した。47歳。[山口宗之]
『平泉澄・寺田剛編『大橋訥庵先生全集』全3巻(1938~1943・至文堂/改訂版・2006・慧文社) ▽寺田剛著『大橋訥庵先生伝』(1936・至文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大橋訥庵の関連キーワード新撰組田中河内介岡無理弥北添佶磨古高俊太郎清水赤城立石孫一郎長沼宗敬松村大成林助

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone