岸井 明(読み)キシイ アキラ

20世紀日本人名事典の解説

岸井 明
キシイ アキラ

昭和期の映画俳優



生年
明治43(1910)年10月13日

没年
昭和40(1965)年7月3日

出生地
東京

経歴
昭和5年日活現代劇部に入社、8年PCLに移った。182センチ、129キロの巨体を利した三枚目として売り出す。10年古川緑波が東宝に入ってコンビを組み、「歌う弥次喜多」などに出演。その後は歌うスターとしてビクター専属となり「ねえ君次第」「たばこ屋の娘」などがヒットした。エノケンと共演の「孫悟空」では猪八戒を演じ喜劇スターとして売ったが、35年の「水戸黄門」に出演後、眼底出血で倒れた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

岸井 明
キシイ アキラ


職業
映画俳優

生年月日
明治43年 10月13日

出生地
東京

経歴
昭和5年日活現代劇部に入社、8年P.C.L.に移った。182センチ、129キロの巨体を利した三枚目として売り出す。10年古川緑波が東宝に入ってコンビを組み、「歌う弥次喜多」などに出演。その後は歌うスターとしてビクター専属となり「ねえ君次第」「たばこ屋の娘」などがヒットした。エノケンと共演の「孫悟空」では猪八戒を演じ喜劇スターとして売ったが、35年の「水戸黄門」に出演後、眼底出血で倒れた。

没年月日
昭和40年 7月3日 (1965年)

伝記
なつかしい芸人たちなつかしい芸人たち 色川 武大 著色川 武大 著(発行元 新潮社新潮社 ’08’89発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

岸井 明 (きしい あきら)

生年月日:1910年10月13日
昭和時代の映画俳優
1965年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android