コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪八戒 ちょはっかい

3件 の用語解説(猪八戒の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ちょはっかい【猪八戒】

中国、明代の長編小説「西遊記」に出てくる豚の名。天上界を追い出されて妖怪となっていたが、三蔵法師の法力で改心し、孫悟空・沙悟浄らとその供をしてインドから経典をもたらす。八戒。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

猪八戒【ちょはっかい】

中国の小説《西遊記》に登場する豚の妖怪(ようかい)。前身は天の川の天蓬元帥。神女にたわむれて下界に落とされた。孫悟空の弟分として玄奘(げんじょう)に随行,しばしば失敗を演ずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちょはっかい【猪八戒 Zhū Bā jiè】

中国の小説《西遊記》に登場する豚の名。本名は猪悟能。元刊本《西遊記》では朱八戒。孫悟空沙悟浄(さごじよう)とともに玄奘(げんじよう)の弟子として西天取経の旅に出る。大食漢の色ごのみとして描かれているため,孫悟空とは対照的な庶民的人気がある。そのイメージの形成にあたっては,チベットラマ教や土俗的な道教のほか,密教の北斗七星信仰も関係があると思われ,いまだに謎に満ちた存在である。【中野 美代子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

猪八戒の関連キーワード西遊記孫悟空呉承恩沙悟浄東西遊記東遊記蝦蟇仙人ワトソン役倭人伝に登場する動物『西遊記』

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

猪八戒の関連情報