コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸御園 きし みその

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸御園 きし-みその

?-1858 江戸時代後期の国学者。
長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。楊井(やない)松雄にまなぶ。天保(てんぽう)のころ「難陳六百番歌合」に作者のひとりとして参加した。安政5年9月死去。通称は弥平治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岸御園の関連キーワード国学者

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android