コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸浪百艸居 きしなみ ひゃくそうきょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸浪百艸居 きしなみ-ひゃくそうきょ

1889-1952 明治-昭和時代の日本画家。
明治22年生まれ。はじめ父岸浪柳渓に,のち小室翠雲に師事文展,帝展などを中心に作品を発表,昭和8年日本南画院同人。画題に魚をこのんだ。昭和27年9月21日死去。63歳。群馬県出身。本名は定司。別号連山代表作に「立石寺」,著作に「魚に会ふ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岸浪百艸居の関連キーワード昭和時代明治

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android