コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸浪百艸居 きしなみ ひゃくそうきょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸浪百艸居 きしなみ-ひゃくそうきょ

1889-1952 明治-昭和時代の日本画家。
明治22年生まれ。はじめ父岸浪柳渓に,のち小室翠雲に師事文展,帝展などを中心に作品を発表,昭和8年日本南画院同人。画題に魚をこのんだ。昭和27年9月21日死去。63歳。群馬県出身。本名は定司。別号連山代表作に「立石寺」,著作に「魚に会ふ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岸浪百艸居の関連キーワード昭和時代明治

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android