コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立石寺 りっしゃくじ

10件 の用語解説(立石寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立石寺
りっしゃくじ

山形市大字山寺にある天台宗の寺。宝珠山阿所川院と号し,山寺と通称され,「りゅうしゃくじ」ともいう。宝珠山の山腹に位置し,貞観2 (860) 年円仁の創立。兵火で焼失したものを天文 12 (1543) 年円海が中興し,江戸時代に大いに栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りっしゃく‐じ【立石寺】

山形市山寺にある天台宗の寺。山号は、宝珠山。俗称、山寺。貞観2年(860)円仁の開創と伝える。比叡山延暦寺の法灯を根本中堂に分灯。芭蕉の「閑(しづか)さや岩にしみ入る蝉の声」の句碑がある。りゅうしゃくじ。

りゅうしゃく‐じ〔リフシヤク‐〕【立石寺】

りっしゃくじ(立石寺)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

立石寺【りっしゃくじ】

山寺とも。山形市北東部,宝珠山の中腹にある天台宗の寺。本尊薬師如来。860年円仁の創建で,比叡山根本中堂の常灯明(とうみょう)を分灯したという。たびたび兵火にあったが1543年再び根本中堂の灯を移し円海が中興,最上氏の外護や幕府の朱印を得て栄えた。
→関連項目蔵王国定公園山形[県]山寺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

立石寺(りっしゃくじ)

山形県山形市にある寺院。860年創建。天台宗。本尊は薬師如来。根本中堂は国の重要文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りっしゃくじ【立石寺】

山形市にある天台宗の寺。山号は宝珠山。俗に山寺(やまでら)と称される。860年(貞観2)慈覚大師円仁の開山と伝え,東北屈指の慈覚大師信仰と庶民信仰の霊山である。慈覚大師入滅の地は比叡山とされるが,当寺でも山頂南面の絶崖にある岩窟が大師の入定(にゆうじよう)窟とされている。1144年(天養1)にはその霊窟上部に如法経所碑(重要文化財)が建てられた。その碑文では弥勒信仰に慈覚信仰が重ね合わされている。また日蓮の書状は〈御頸は立石寺にあり〉との鎌倉時代の風聞を伝えており,分骨埋葬説が有力である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りっしゃくじ【立石寺】

山形市山寺にある天台宗の寺。山号、宝珠山。860年円仁が創建し、延暦寺中堂の常灯明を分点した。山寺やまでら。りゅうしゃくじ。

りゅうしゃくじ【立石寺】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

りっしゃくじ【立石寺】


⇒山寺(やまでら)

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立石寺
りっしゃくじ

山形市山寺(やまでら)にある天台宗の寺。山号は宝珠山(ほうじゅさん)。山寺と通称される。本尊は薬師如来(やくしにょらい)。芭蕉(ばしょう)が『おくのほそ道』に「閑(しずか)さや岩にしみ入る蝉(せみ)の声」を詠んだ寺として有名である。860年(貞観2)清和(せいわ)天皇勅願により比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)の別院として慈覚大師円仁(えんにん)が創建した。延暦寺根本中堂の法燈(ほうとう)を分燈しており、叡山の法燈が織田信長の焼打ちによって消えたとき、立石寺から再建の燈火が移されている。室町末期に兵火により焼失したが、天文(てんぶん)年間(1532~55)最上義守(もがみよしもり)、一相坊円海らによって再建中興され、関東北の霊場として信仰の中心となった。寺伝によると、全盛期の江戸初期には2800石の朱印地を有し、僧房100寺、僧侶(そうりょ)300余人を有したという。35万坪(115ヘクタール)の宝珠山全山が境内で、史跡名勝、県立公園とされ、40余の堂塔が散在して深閑の趣(おもむき)ある寺容である。中堂(根本中堂)は1356年(正平11・延文1)山形城主斯波兼頼(しばかねより)が再建建立したもの、本尊の薬師如来坐像(ざぞう)は慈覚大師作と伝えられる。また、1144年(天養1)入阿大徳(にゅうあだいとく)と同法5人が『妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう)』1部8巻を書写して慈覚大師入定窟(にゅうじょうくつ)の岩頭に納めた天養(てんよう)元年如法経所碑があり、以上いずれも国重要文化財に指定されている。[中山清田]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の立石寺の言及

【納骨】より

…この寺は市中の寺院ではあるが,智光曼荼羅のために霊場化し,盛んに納骨がおこなわれて,竹筒型蔵骨器や羽釜型蔵骨器,柄杓型蔵骨器などが出ている。山形市郊外の山寺立石(りつしやく)寺は洞窟への納骨が盛んであったが,今は奥之院で納骨を受け付けている。【五来 重】。…

【磐司磐三郎】より

…磐次磐三郎とも書き万治(次)万三郎ともいう。仙台市西方奥羽山脈を越える二口峠に磐司巌(ばんじいわ)と呼ぶ巨岩が対立した場所があり,ここが磐司磐三郎の住処であったと伝え,また山形県立石(りつしやく)寺の山中を狩場としたともいう。この伝承は,もと次郎・三郎と呼ばれる2人の狩人があり,一方は山の神を援助してその礼に獲物を授けられ,他方はそれを断って山の幸を失ったという運勢の優劣を説明する神話の一類型であった。…

※「立石寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

立石寺の関連キーワード常楽寺本山寺西蓮寺神武寺大光普照寺報恩寺密蔵院山形県山形市岩波山形県山形市山寺山形県山形市八日町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立石寺の関連情報