コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸良兼養 きしら かねやす

2件 の用語解説(岸良兼養の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸良兼養 きしら-かねやす

1837-1883 明治時代の司法官。
天保(てんぽう)8年8月生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。新政府の議政官史官試補,司法少丞などをへて権(ごん)大検事となり,明治7年の佐賀の乱の裁判にかかわる。8年大検事にすすみ,10年西南戦争の裁判で検察を指揮。同年大審院検事長,12年大審院長。明治16年11月15日死去。47歳。通称は七之丞。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岸良兼養

没年:明治16.11.15(1883)
生年:天保8.8(1837)
明治初期の司法官。薩摩(鹿児島)藩士岸良兼善の長男として生まれる。幼名俊助。明治1(1868)年4月議政官史官試補をふり出しに,2年2月監察司知事となり,同年9月弾正大巡察,4年3月刑部少丞,5年8月司法少丞。同年河野敏鎌らと共に司法省から欧州視察に派遣され,帰国後6年12月権大検事となり,次いで大検事,10年6月には大審院検事長に累進した。この間,佐賀の乱(1874)や西南戦争(1877)の裁判にかかわった。さらに,12年10月大審院長に任命されたが,14年7月司法少輔に転じ,16年6月元老院議官を兼任。同年7月以降は元老院議官専任となった。

(楠精一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岸良兼養の関連キーワード薩摩古薩摩司法官憲司法官庁司法官試補乾孚志尾崎忠治鮫島相政中山要人新納中三