コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峰幸代 みね ゆきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

峰幸代 みね-ゆきよ

1988- 平成時代のソフトボール選手。
昭和63年1月26日生まれ。捕手(右投げ右打ち)。平成16年木更津総合高時代には選抜・インターハイ・国体で優勝。平成18年日立&ルネサス高崎(現・ビックカメラ女子ソフトボール高崎)にはいり,同年リーグ新人賞。19年世界ジュニア選手権日本代表。20年北京五輪日本代表となり,定評のあるキャッチングで上野由岐子投手の球を受け,金メダル獲得に貢献。26年現役引退。長崎県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

峰幸代の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門キェシロフスキ高良留美子植物ホルモン竹下登内閣中川李枝子板場真二本州四国連絡橋井上光晴ソ連崩壊と東欧の歴史的変革

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android