コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峰幸代 みね ゆきよ

1件 の用語解説(峰幸代の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

峰幸代 みね-ゆきよ

1988- 平成時代のソフトボール選手。
昭和63年1月26日生まれ。捕手(右投げ右打ち)。平成16年木更津総合高時代には選抜・インターハイ・国体で優勝。平成18年日立&ルネサス高崎(現・ビックカメラ女子ソフトボール高崎)にはいり,同年リーグ新人賞。19年世界ジュニア選手権日本代表。20年北京五輪日本代表となり,定評のあるキャッチングで上野由岐子投手の球を受け,金メダル獲得に貢献。26年現役引退。長崎県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

峰幸代の関連キーワード竹下登内閣板場真二香西かおり北山雅康仮面ライダーBlack青い山脈宇高航路済州島事件植物生理学文学賞

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone