コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津忠高 しまづ ただたか

2件 の用語解説(島津忠高の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津忠高 しまづ-ただたか

1651-1676 江戸時代前期の大名。
慶安4年3月4日生まれ。島津久雄(ひさお)の長男。寛文4年(1664)日向(ひゅうが)(宮崎県)佐土原(さどはら)藩主島津家4代となる。幕府の嫌忌にふれ佐土原に流された不受不施派の日講(にちこう)に教えをうける。藩士の格式をさだめ,また儒者高橋一閑をまねき藩学の振興につくした。延宝4年8月11日死去。26歳。初名は久英(ひさあきら),国久。通称は又四郎。名は「ただあきら」ともよむ。

島津忠高 しまづ-ただあきら

しまづ-ただたか

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

島津忠高の関連キーワード青山忠雄井伊直澄池田重政内田正信志村常仙細川有孝本多重昭松平定時溝口宣直山崎俊家

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone