コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津源蔵(2代) しまづ げんぞう

1件 の用語解説(島津源蔵(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津源蔵(2代) しまづ-げんぞう

1869-1951 明治-昭和時代の実業家。
明治2年6月17日生まれ。初代島津源蔵の長男。小学校を2年で中退し,父の理化学機器製造を手伝う。明治17年わが国初の感応起電機を開発。父の死後,島津製作所をつぐ。国産蓄電池の製作にのりだし,大正6年日本電池を設立。X線装置の商品化などで,昭和5年日本十大発明家ひとりにえらばれた。昭和26年10月3日死去。82歳。京都出身。幼名は梅治郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島津源蔵(2代)の関連キーワード藩学一覧社会福祉法電気事業女性参政権イギリス映画ラジオ放送実業之日本伊庭八郎大村益次郎神代直人

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone