コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津珍彦 しまづ うずひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津珍彦 しまづ-うずひこ

1844-1910 幕末-明治時代の武士,華族。
天保(てんぽう)15年10月22日生まれ。島津久光(ひさみつ)の3男。島津忠義の弟。父の宗家復帰にともない,薩摩(さつま)鹿児島藩重富領主となる。禁門の変,鳥羽・伏見の戦いで活躍し,のち箱館に転戦。維新後,鹿児島高等中学造士館長などをつとめた。貴族院議員,男爵。明治43年6月16日死去。67歳。初名は忠鑑。字(あざな)は子訓。通称は敬四郎,備後(びんご)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

島津珍彦の関連キーワード島津 荘之助島津荘之助島津 治子明治時代華族

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android