コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津珍彦 しまづ うずひこ

1件 の用語解説(島津珍彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津珍彦 しまづ-うずひこ

1844-1910 幕末-明治時代の武士,華族。
天保(てんぽう)15年10月22日生まれ。島津久光(ひさみつ)の3男。島津忠義の弟。父の宗家復帰にともない,薩摩(さつま)鹿児島藩重富領主となる。禁門の変,鳥羽・伏見の戦いで活躍し,のち箱館に転戦。維新後,鹿児島高等中学造士館長などをつとめた。貴族院議員,男爵。明治43年6月16日死去。67歳。初名は忠鑑。字(あざな)は子訓。通称は敬四郎,備後(びんご)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島津珍彦の関連キーワード曲芸新聞小説アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone