コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島浪間 しま なみま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島浪間 しま-なみま

1843-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)14年7月生まれ。土佐高知藩士。藩命により三条実美(さねとみ)の衛士となる。脱藩して天誅(てんちゅう)組の大和挙兵にくわわり,敗れて中山忠光(ただみつ)と長門(ながと)(山口県)にのがれる。井原応輔(おうすけ)らと中国諸藩を遊説中,美作(みまさか)(岡山県)英田郡土居で賊と誤解されて包囲され,元治(げんじ)2年2月22日自刃(じじん)。23歳。名は義親(よしちか)。長宗我部四郎とも称した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

島浪間の関連キーワード島義親

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android