コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島義勝 しま よしかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島義勝 しま-よしかつ

1583-1600 織豊時代の武士。
天正(てんしょう)11年生まれ。島清興(きよおき)の長男。石田三成(みつなり)の家臣。慶長5年9月15日関ケ原の戦いに敗れ,父とともに脱出をこころみたが,東軍の藤堂高治(たかはる)の臣高島氏重に討たれた。18歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

島義勝の関連キーワード久保松 勝喜代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android