コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大垣城 おおがきじょう

2件 の用語解説(大垣城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

おおがきじょう【大垣城】

岐阜県大垣市にあった平城(ひらじろ)。現在の大垣市の中心部に位置しており、1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いの際には、西軍(豊臣方)が本営を置いた城としても知られ、江戸時代には大垣藩の藩庁が置かれた城である。1500年(明応9)に土豪の竹腰尚綱によって築城されたとも、1535年(天文4)に宮川安貞(安定)が築いたともいわれているが、築城年代、築城者は特定できていない。初期の大垣城は、現在の本丸・二の丸を城域とした城だったが、氏家直元が1563年(永禄6)、城の大規模な拡張を行った。1583年(天正11)に池田恒興が城主になったころから、城郭としての本格的な整備が始まり、1596年(慶長1)に城主となった伊藤祐盛は天守を築き、その後の改修を経て、4重4階の優美な天守閣ができあがった。この間、1600年(慶長5)には関ヶ原の戦いが起こる。この戦いでは、城主の伊藤盛宗が西軍に属したことから、石田三成率いる西軍の主力部隊は、この城を拠点とし、関ヶ原に出撃した。東軍(徳川方)は関ヶ原で行われた野戦で勝利を収めると大垣城を包囲した。このとき、大垣城の城将の福原直高(三成の義弟)は東軍の降伏勧告を受け入れて開城した。この戦いの後、徳川家康は譜代大名の石川康通を城主として入城させた。その後、石川氏、久松松平氏、岡部氏などを経て、1633年(寛永10)に戸田氏鉄が10万石の大垣藩主として入城し、以後明治維新に至るまで、戸田氏が11代にわたって城主を務めた。1873 年(明治6)の廃城令により廃城となったが、天守を含む一部の建物は取り壊されず、1936年(昭和11)には国宝に指定された。しかし、1945年(昭和20)の空襲により焼失。1959年(昭和34)に天守が、1967年(昭和42)には乾櫓(いぬいやぐら)が鉄筋コンクリート造で外観復元され、その後、東門・多聞櫓・艮櫓も復元されて今日に至っている。この復興天守の内部は関ヶ原の戦いなどをテーマにした資料館・展示館となっている。現在、かつての本丸・二の丸一帯が大垣公園として整備されている。こうした復元された建造物は同公園内にある。また、往時の大垣城は幾重にも水堀が巡らされていたが、ほとんどの堀は埋め立てられ、現在、そのごく一部が同公園内に残っているほか、本丸の石垣の遺構が現存する。このほか、同市内の民家に本丸乾門が、別の民家に城門(どこの門だったかは特定されていない)が、天理教本眞愛分教会に清水御門が移築され現存している。JR東海道本線大垣駅から徒歩約10分。◇麋城(びじょう)、巨鹿城(きょろくじょう)ともよばれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおがき‐じょう〔おほがきジヤウ〕【大垣城】

大垣市にあった城。天文4年(1535)の築城といわれる。寛永12年(1635)戸田氏鉄(とだうじかね)が入城し、以後戸田氏が在城。第二次大戦後、天守閣を復原。巨鹿城。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大垣城の言及

【大垣[市]】より

…揖斐(いび)川扇状地の末端部,標高10m以下の輪中地帯の北端にある。戦国時代に築城された大垣城は戦略上重要な地点であったため争奪戦が繰り返され,関ヶ原の戦の際の籠城は《おあむ物語》に詳しい。1635年(寛永12)譜代大名戸田氏10万石が封ぜられてから幕末まで続いた城下町であり,美濃路の宿場,桑名方面に水門川の舟運が通じる物資の集散地であった。…

※「大垣城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大垣城の関連キーワード平城情報科学芸術大学院大学岐阜経済大学大垣共立銀行青墓鮫石アクアウォーク大垣大垣アピオカキじゃんヤナゲン大垣本店

大垣城の関連情報