コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島清興 しま きよおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島清興 しま-きよおき

?-1600 織豊時代の武将。
島友保(ともやす)の子。もと筒井順慶の臣。石田三成(みつなり)の参謀となり,「治部少(三成)にすぎたるもの」のひとつといわれた。文禄(ぶんろく)の役にしたがう。関ケ原の戦いでは,先鋒として西軍の士気を鼓舞したが,慶長5年9月15日戦死。通称は左近。名は別に勝猛。
【格言など】君近きを見て遠くに及さば,下民の幸ならん(石田三成への諫言)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

島清興の関連キーワード小野木シメオン関ケ原の戦い島勘左衛門島義勝島友勝島左近島友保島勝猛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島清興の関連情報