コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐音八(3代) あらし おとはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐音八(3代) あらし-おとはち

1786-1855* 江戸時代後期の歌舞伎役者。
天明6年生まれ。2代嵐音八の子。父の跡をつぎ3代目を襲名。江戸中村座で立役(たちやく),若衆方,道外方(どうけがた)をつとめた。安政元年12月8日死去。69歳。前名は嵐和三郎(初代)。俳名は和考。屋号は蛭子(えびす)屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

嵐音八(3代)の関連キーワード三浦梅園田沼時代トルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)中村富十郎徳川家治フリードリヒ大王ベニョフスキーベニョフスキーシェースの反乱徳川家治

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android