コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリードリヒ大王 フリードリヒダイオウ

デジタル大辞泉の解説

フリードリヒ‐だいおう〔‐ダイワウ〕【フリードリヒ大王】

Friedrich der Große》[1712~1786]プロイセン王。在位1740~1786。自らを「国家第一の下僕」と称した典型的な啓蒙専制君主で、行政改革・軍備拡張・教育、産業の育成に努め、またオーストリア継承戦争、ポーランド分割などを通して領土を拡大、プロイセンをヨーロッパの強国にした。学問・芸術を愛好し、著作も多い。フリードリヒ2世。フレデリック大王

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリードリヒ大王
フリードリヒだいおう

フリードリヒ2世(大王)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フリードリヒ大王の関連キーワードリッター(Gerhard Ritter)パッフ(Phillip Pfaff)シャルロッテンブルク宮殿フリードリヒ[2世]ベルリン国立博物館辺境伯オペラハウスクノーベルスドルフベルリン国立歌劇場グラウン(兄弟)モーペルテュイダーレム美術館音楽の捧げものベルンハルディサンスーシ離宮マキャベリズムホーヘンドルプアルガロッティサンスーシ宮殿音楽の捧げ物ダルジャンス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フリードリヒ大王の関連情報