嵩俊海(読み)かさみ しゅんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵩俊海 かさみ-しゅんかい

1837-1919 明治-大正時代の僧,漢詩人。
天保(てんぽう)8年11月9日生まれ。生地武蔵(むさし)比企郡(埼玉県)の浄土真宗了善寺の住職。江戸で大沼枕山(ちんざん)に漢詩をまなぶ。郷里で春桂塾をひらき,漢学,歴史,文章の3科をおいた。国学権田直助,和歌の井上淑蔭(よしかげ)とともに埼玉の三学者と称された。大正8年3月10日死去。83歳。字(あざな)は啓要。号は古香。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android