コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵩俊海 かさみ しゅんかい

1件 の用語解説(嵩俊海の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵩俊海 かさみ-しゅんかい

1837-1919 明治-大正時代の僧,漢詩人。
天保(てんぽう)8年11月9日生まれ。生地武蔵(むさし)比企郡(埼玉県)の浄土真宗了善寺の住職。江戸で大沼枕山(ちんざん)に漢詩をまなぶ。郷里で春桂塾をひらき,漢学,歴史,文章の3科をおいた。国学の権田直助,和歌の井上淑蔭(よしかげ)とともに埼玉の三学者と称された。大正8年3月10日死去。83歳。字(あざな)は啓要。号は古香。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

嵩俊海の関連キーワード尾崎良胤古泉性信堀合卓爾松井源水(16代)松田月嶺松村鬼史峰尾節堂三宅軍次郎吉田修夫大正時代美術