嵯峨の釈迦(読み)さがのしゃか

精選版 日本国語大辞典 「嵯峨の釈迦」の意味・読み・例文・類語

さが【嵯峨】 の 釈迦(しゃか)

京都市嵯峨清凉寺(せいりょうじ)本尊赤栴檀(せんだん)釈迦如来像のこと。平安時代東大寺の僧奝然(ちょうねん)が宋へ行ったとき持ってきたもので、民間三国伝来仏像として尊ばれている。
※康頼宝物集(1179頃)上「げにや嵯峨の釈迦こそ、天竺へ帰り給ふなんずるとて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「嵯峨の釈迦」の意味・読み・例文・類語

さが‐の‐しゃか【嵯峨の釈迦】

京都市嵯峨にある清涼寺の本尊、釈迦如来立像のこと。から奝然ちょうねんが持ち帰った、三国伝来と伝える木彫仏。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android