嵯峨の釈迦(読み)さがのしゃか

精選版 日本国語大辞典「嵯峨の釈迦」の解説

さが【嵯峨】 の 釈迦(しゃか)

京都市嵯峨清凉寺(せいりょうじ)本尊、赤栴檀(せんだん)の釈迦如来像のこと。平安時代、東大寺の僧奝然(ちょうねん)へ行ったとき持ってきたもので、民間に三国伝来の仏像として尊ばれている。
※康頼宝物集(1179頃)上「げにや嵯峨の釈迦こそ、天竺へ帰り給ふなんずるとて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android