コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奝然 ちょうねん

6件 の用語解説(奝然の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奝然
ちょうねん

[生]?
[没]長和5(1016).3.16. 京都
平安時代中期の東大寺の僧。藤原真連の子。幼くして東大寺に入り,東南院で三論その他を学んだ。永観1 (983) 年東大寺と延暦寺の信書をたずさえて,宋商船に便乗して入宋し,翌年太宗に謁し,紫衣を賜わり,法済大師の号を受けたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうねん〔テウネン〕【奝然】

[?~1016]平安中期の三論宗の僧。京都の人。永観元年(983)入宋、大蔵経三国伝来といわれる釈迦(しゃか)像を持ち帰った。帰国後、嵯峨に清涼寺を建てようとして果たせず、弟子が建立。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奝然 ちょうねん

938-1016 平安時代中期の僧。
承平(じょうへい)8年1月24日生まれ。観理に真言と三論をまなび,元杲(げんごう)から灌頂(かんじょう)をうける。永観元年宋(そう)(中国)にいき,大蔵経(だいぞうきょう)五千余巻や釈迦像などをもって帰国。永延3年東大寺別当。没後,弟子の盛算(せいさん)が京都に清凉寺をたて,奝然がもちかえった釈迦像を安置した。長和5年3月16日死去。79歳。京都出身。俗姓は秦。日記に「奝然在唐記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうねん【奝然】

938‐1016(天慶1‐長和5)
平安中期の三論宗の僧。俗姓は藤原氏。東大寺に学び,972年(天禄3)同僚の義蔵と仏法興隆を誓い,入宋(につそう)を志す。983年(永観1)宋の商人の船に乗って渡海。五台山などを巡礼し,皇帝の太宗から法済大師の号と紫衣を賜り,かつ新雕の大蔵経(だいぞうきよう)を与えられ,台州で優塡王(うでんのう)が栴檀(せんだん)で造ったという釈迦の瑞像(ずいぞう)を模刻し,986年(寛和2)帰国した。翌年,比叡山に対抗する意図をもって,京都の西の愛宕(あたご)山を五台山と号し,持ち帰った釈迦の瑞像を安置する伽藍(がらん)を建てて清凉寺と称することを奏請した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょうねん【奝然】

938?~1016) 平安中期の三論宗の僧。983年入宋し、大蔵経五千巻、三国伝来といわれる釈迦像などを携えて帰国。東大寺別当を務めたのち、洛西嵯峨に清涼寺建立を企てたが果たせずに寂す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ちょうねん
(938?―1016)

平安時代の三論(さんろん)宗の僧。俗姓は藤原氏。京都の人。幼くして東大寺に入り、東南院の観理(かんり)に三論を学び、石山寺の元杲(げんごう)に密教を受けた。983年(永観1、一説に982年)8月に宋(そう)の商船に乗り入宋(にっそう)し、翌年(べんけい)に入って太宗にまみえて紫衣(しえ)と法済(ほうさい)大師の号を賜る。ついで五台山などを巡礼し、987年(永延1、一説に986年)2月に帰国した。宋版大蔵経5000巻、釈迦(しゃか)像(インドの優填(うてん)王が刻した栴檀(せんだん)の釈迦像を模刻したもの)、十六羅漢(らかん)画像などを将来する。989年東大寺別当に任命されて3年間奉職した。のち弟子の盛算(じょうさん)が嵯峨(さが)の棲霞寺(せいかじ)境内に釈迦堂を建立して清凉寺(せいりょうじ)と号し、然の将来した釈迦像を安置した。この像は、三国伝来の栴檀瑞像として信仰を集めた。[伊藤隆寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の奝然の言及

【大蔵経】より

…これは宋朝による正法流布の功徳事業であったので,西夏,高麗,日本などの近隣諸国に国際友誼の意味をこめて贈与された。983年の年末に入宋した東大寺僧の奝然(ちようねん)は,離京に際して新撰の大蔵経481函5048巻と新訳経典40巻などを賜ったのである。この大蔵経の下賜をうけた高麗は,11世紀前半に覆刻版を出し,その版木が元軍による兵火で焼失すると,13世紀中葉には再雕本を完成させた。…

※「奝然」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奝然の関連キーワード実敏善議智蔵澄心朝晴禎喜弁正法蔵(2)品慧東南院

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone