赤栴檀(読み)しゃくせんだん

大辞林 第三版の解説

しゃくせんだん【赤栴檀】

香木の一。檀香の一種で、木肌の色が赤みを帯びている。白檀の芯材をいうこともあり、中国では沈香を指すこともあった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あか‐せんだん【赤栴檀】

〘名〙 インドの牛頭(ごず)山で産するという赤い栴檀。麝香(じゃこう)のような上品なにおいがするので、仏像の材料として多く用いられる。ごずせんだん。しゃくせんだん。
※俳諧・風やらい(1801)「回向院にて赤栴檀の御ほとけ開帳ありしころ、草花の嵯峨には似ざる念仏哉〈其堂〉」

しゃく‐せんだん【赤栴檀】

〘名〙 香木の種類の一つ。白檀赤みがかった心材、マメ科の木など複数の植物を指す。六国(りっこく)では佐曾羅に分類される。名香法隆寺(太子)は赤栴檀とされる。
※和漢朗詠(1018頃)下「昔忉利天の安居九十日 赤栴檀を刻んで尊容を模す〈大江匡衡〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の赤栴檀の言及

【香木】より

…香道では静かな品のよい立味のものだけを佐曾羅として用い,茶道では風炉の点前に用いる。赤栴檀(しやくせんだん)や紫藤香(しとうこう)あるいは和木(わぼく)と呼ばれる古材などをも包含する。寸門多羅も音訳で当て字が多い。…

※「赤栴檀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android