赤栴檀(読み)しゃくせんだん

大辞林 第三版の解説

しゃくせんだん【赤栴檀】

香木の一。檀香の一種で、木肌の色が赤みを帯びている。白檀の芯材をいうこともあり、中国では沈香を指すこともあった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の赤栴檀の言及

【香木】より

…香道では静かな品のよい立味のものだけを佐曾羅として用い,茶道では風炉の点前に用いる。赤栴檀(しやくせんだん)や紫藤香(しとうこう)あるいは和木(わぼく)と呼ばれる古材などをも包含する。寸門多羅も音訳で当て字が多い。…

※「赤栴檀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android