嶋中 鵬二(読み)シマナカ ホウジ

20世紀日本人名事典の解説

嶋中 鵬二
シマナカ ホウジ

昭和・平成期の出版人 元・中央公論社社長。



生年
大正12(1923)年3月7日

没年
平成9(1997)年4月3日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝大独文科〔昭和22年〕卒

経歴
中央公論社長・嶋中雄作の二男。明治大学、東洋大学各講師を経て、昭和23年中央公論社に入社。24年父の死後社長に就任、以来一時期を除き約40年間つとめる。「中央公論」「婦人公論」の編集長、出版部長として腕を振るったが、「週刊公論」で失敗。36年のいわゆる“風流夢譚事件”により大正以来の民主的総合雑誌「中央公論」は右寄りに転向。平成6年会長となり、8年社長代行を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

嶋中 鵬二 (しまなか ほうじ)

生年月日:1923年3月7日
昭和時代;平成時代の出版人。中央公論社社長
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android