嶋中 鵬二(読み)シマナカ ホウジ

20世紀日本人名事典の解説

嶋中 鵬二
シマナカ ホウジ

昭和・平成期の出版人 元・中央公論社社長。



生年
大正12(1923)年3月7日

没年
平成9(1997)年4月3日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝大独文科〔昭和22年〕卒

経歴
中央公論社長・嶋中雄作の二男。明治大学、東洋大学各講師を経て、昭和23年中央公論社に入社。24年父の死後社長に就任、以来一時期を除き約40年間つとめる。「中央公論」「婦人公論」の編集長、出版部長として腕を振るったが、「週刊公論」で失敗。36年のいわゆる“風流夢譚事件”により大正以来の民主的総合雑誌「中央公論」は右寄りに転向。平成6年会長となり、8年社長代行を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

嶋中 鵬二 (しまなか ほうじ)

生年月日:1923年3月7日
昭和時代;平成時代の出版人。中央公論社社長
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android