コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家政婦 カセイフ

世界大百科事典 第2版の解説

かせいふ【家政婦 housekeeper】

主として個人の家庭に雇われて家事に従事する女性。イギリスハウスキーパー名称で呼ばれるものは時代によって,また雇用先の社会階層によってさまざまな変化が見られる。だが概して,多くの家事使用人を雇用する中流階級上層以上の家庭に住み込み,みずからは家事に手を染めなくなった女主人のもとで,下級の女子使用人(女中乳母,料理女など)を監督し,家政全般を管理する相当の責任を有する立場にあった。男子使用人の場合の執事家令に匹敵する役割である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かせいふ【家政婦】

家事を手伝うために雇われる婦人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家政婦
かせいふ

家政一般を手伝う職業婦人のこと。かつては派出(はしゅつふ)ともよばれていた。第二次世界大戦前は、旧職業紹介法第21条「営利職業紹介事業規則」で職業紹介対象者とされ、戦後、職業安定法が制定されたとき(1947)その第32条で、特別の技術を必要とするものとして有料職業紹介が認められることになった。さらに1951年(昭和26)、同法施行規則第24条に家政婦が職種として追加され、今日に至っている。そこでは、家政婦とは「個人の家庭において、臨時に家政一般もしくは病弱者等の付添いの業務を行う者、または病院等において患者の付添いの業務を行う者」としている。普通家政婦は、公共職業安定所の許可を得た有料職業紹介所である「家政婦紹介所」を通じて紹介される。55年ごろからは民間企業において、家政婦を社員として雇い、社員家庭にホームヘルパーとして派遣する制度が始まった。この場合の標準作業は、病人、乳幼児の世話、出産や産後の世話などとなっている。
 なお欧米などでは、「公共居住施設の管理」としてハウスキーパーという職種もある。これは、家政婦の活動が、個々の家庭内から、さらに公共居住施設にまで広がったことを意味している。[松岡明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

家政婦の関連キーワード僕の好きなPeach Pieクリスチャン オステールエディの素敵なパパ家事代行費用保険金家政婦さんシリーズピンクカラージョブきょうの猫村さん博士の愛した数式オー!マイレディやさしくなりたいジーン マーシュ家事代行サービスホームメーカー家事サービス業ぼくらのナニーセラフィーヌ家政婦のミタ西浦八恵子伊藤麻実子大杉亜依里

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家政婦の関連情報