コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嶋津千利世 しまづ ちとせ

1件 の用語解説(嶋津千利世の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嶋津千利世 しまづ-ちとせ

1914-2000 昭和後期-平成時代の社会学者。
大正3年5月9日生まれ。昭和52年群馬大教授。女性の労働運動史,女性問題などを研究し,日本母親運動や働く婦人の会の活動を理論の面からささえる。平成12年12月28日死去。86歳。茨城県出身。日大卒。著作に「女子労働者」「婦人労働の理論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

嶋津千利世の関連キーワード山岸純飛鳥井雅道金子みつ木戸蓊千田夏光辻隆西沢爽林基柚木学河野道代

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone