コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嶺春泰 みね しゅんたい

2件 の用語解説(嶺春泰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嶺春泰 みね-しゅんたい

1746-1793 江戸時代中期の医師。
延享3年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩医。江戸にすむ。蘭学を前野良沢にまなび,「解体新書」の翻訳にくわわった。オランダの診断学書の翻訳「五液精要」(未完)がのこる。寛政5年10月6日死去。48歳。名は観。字(あざな)は子光。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

嶺春泰

没年:寛政5.10.6(1793.11.9)
生年:延享3(1746)
江戸中期の医者。幼名は粂五郎,名は観,字は子光,春泰は号。上野国(群馬県)高崎藩医嶺春安の長男として高崎に生まれ,宝暦7(1757)年家督を相続した。安永3(1774)年3月に京都の山脇東門に入門し,漢方医学を学んだ。同7年ごろ江戸本石町に住し,漢方医片倉鶴陵と隣同士であった。晩年,『解体新書』出版(1774年8月)後の蘭学社中に加わり,蘭学を学ぶとともに,その普及に努めた。前野良沢に就学し,ボイセンの診断学書を翻訳して『五液精要』と称したが,未完のまま没した。のち同門の江馬蘭斎が『五液診法』として完成させている。<参考文献>緒方富雄「嶺春泰伝」(『日本医史学雑誌』14巻3号)

(吉田厚子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

嶺春泰の関連キーワードフェリペ穴井六郎右衛門児童文学竹俣当綱塙保己一嶺春泰塙保己一上田秋成ジャコバン憲法バンデーの反乱

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone