コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巌松斎一鵰 がんしょうさい いっちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巌松斎一鵰 がんしょうさい-いっちょう

1791-1868 江戸時代後期の華道家。
寛政3年生まれ。正風遠州流。武蔵(むさし)足立郡片柳村(埼玉県)の名主。初代貞松斎米一馬の高弟のひとりで,大宮宿を中心に日光御成街道筋,中山道筋におおくの門弟をそだてた。慶応4年3月24日死去。78歳。姓は守屋。名は藤内。著作に「挿花松之翠(まつのみどり)」「松之翠後編」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

巌松斎一鵰の関連キーワード総合年表(アメリカ)戊辰戦争フイヤン派立法議会新聞日本の医学史(年表)真珠岩フーイヤン・クラブロワー・カナダ合衆国銀行

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android