巍峨(読み)ギガ

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐が【××峨】

[ト・タル][文][形動タリ]山や建造物などが高くそびえ立つさま。
「農商務省の官衙(かんが)が―として聳(そびえ)て居たり」〈独歩武蔵野

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎが【巍峨】

( トタル ) [文] 形動タリ 
山などの高くそびえるさま。 「近南に別山-として峭立し/日本風景論 重昂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎ‐が【巍峨】

〘形動タリ〙 山や建物などが高くそびえ立つさま。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・道号・古山「歴劫来々不動揺、巍峩万仭碧凌霄」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android