川上 善兵衛(6代目)(読み)カワカミ ゼンベエ

20世紀日本人名事典の解説

川上 善兵衛(6代目)
カワカミ ゼンベエ

明治〜昭和期の園芸家 岩の原葡萄園創業者。



生年
慶応4年3月10日(1868年)

没年
昭和19(1944)年5月21日

出生地
越後国頸城郡北方村(新潟県上越市北方)

別名
幼名=芳太郎

主な受賞名〔年〕
日本農学賞(富民協会賞)〔昭和16年〕

経歴
江戸時代から知られた豪農の家に生まれる。明治8年6代目善兵衛を継ぐ。韓国併合に活躍した武田範之と親交、彼を通じて知った中央の有名人が外国製ブドウ酒を愛飲するのを見て、ブドウ栽培とブドウ酒醸造を思いたった。山梨に出向き、この地方に適した品種を作ることに専心、先進国研究家と文通、欧米から苗を取り寄せ、明治26年ブドウ酒醸造を開始した。初めは酸味が強く失敗、改良を加え、フランス・アメリカ種の交配で優良品種マスカット・ベリーAなど20余種を作り、日本のブドウ酒醸造用ブドウの生産にメドをつけた。昭和9年寿屋(現・サントリー)と共同出資で寿葡萄園を設立。11年岩の原葡萄園と改称。19年他界するまで研究執筆を続け、生涯をブドウ酒造りに捧げ、日本のワインぶどうの父と言われる。著書「葡萄全書」(全3巻)は栽培法から醸造法にいたる国内初の体系的研究書といわれる。他に「葡萄提要」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android