コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川上花顛 かわかみ かてん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川上花顛 かわかみ-かてん

1802-1869 江戸時代後期の武士。
享和2年生まれ。幕臣。天保(てんぽう)3年(1832)昌平坂学問所につとめ,13年表右筆(ゆうひつ)となる。のち奥右筆,表右筆組頭。書は男谷燕斎(おたに-えんさい)にまなんで一家をなし,おおくの門人があつまった。明治2年9月7日死去。68歳。本姓は金子。名は由之。字(あざな)は季礼。通称は謙三郎。別号に黙飲道人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川上花顛の関連キーワード川口東洲

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android