コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川上鎮石 かわかみ ちんせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川上鎮石 かわかみ-ちんせき

1839-1911 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,官吏。
天保(てんぽう)10年生まれ。尾高惇忠門人。武蔵(むさし)榛沢(はんざわ)郡(埼玉県)の農民。尾高惇忠の門人。京都で諸藩の尊攘派とまじわり,慶応3年(1867)鷲尾隆聚(わしのお-たかつむ)をたてて高野山に挙兵。のち二条城警護中,イギリス公使パークス襲撃の犯人と目され,隠岐(おき)に流される。維新後,宮内省主殿寮(とのもりょう)主事などをつとめた。明治44年8月10日死去。73歳。通称は邦之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川上鎮石の関連キーワード牧野省三タンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)桂太郎内閣ランデール南極探検ベアト

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android