コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川井小六 かわい ころく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川井小六 かわい-ころく

1816-1884 幕末-明治時代の武士。
文化13年3月8日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士で,郡奉行などを歴任。慶応4年(1868)藩主佐竹義尭(よしたか)の命で朝命をつたえる使者として新庄など5藩におもむく。藩論が佐幕にかたむくと,白土右門らと勤王論を主張,戊辰(ぼしん)戦争では新政府側にたって活動。のち藩の少参事などをつとめた。明治17年7月19日死去。69歳。名は忠諒(ただあき)。俳号は撫泉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川井小六の関連キーワードスベルドラップ(Johan Sverdrup)バイロン高山陣屋跡カッテンダイケグナイストフォルカードマリア1世シャカアサガオアマースト(William Pitt Amherst)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone