コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川口広蔵 かわぐち ひろぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川口広蔵 かわぐち-ひろぞう

1749-1840 江戸時代後期の治水家。
寛延2年生まれ。水不足になやむ相模(さがみ)(神奈川県)荻窪村へ早川から水をひくため寛政9年(1797)から5年かけて荻窪堰(せき)を開削,水田60haをひらいた。天保(てんぽう)11年10月11日死去。92歳。相模出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川口広蔵の関連キーワードアヘン戦争シュティフターレールモントフ丸山権太左衛門ゲーテ信達騒動怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)信達一揆吉田藩(三河国)レッシング(Gotthold Ephraim Lessing)

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android